Home » 就寝時間中のfxトレードは自動売買で

就寝時間中のfxトレードは自動売買で

FXトレード、外国為替証拠金取引とは、その名の通り、証拠金を預けて、その何倍かの額で各国通貨の為替両替を行うことで、為替差損や為替差益から損益を生じさせるものです。
株式や先物取引などと違い、何々国の何々市場での取引価格というのではなく、反時計回りにOPENしCLOSEしていく世界中の外国為替市場が相手となります。
外国為替市場は、土日や年末年始、それにアメリカと日本の祭日を除き、基本的にはまずはニュージーランドのウェリントン市場がOPENし、シドニー、東京、香港、北京、シンガポール、ドバイなどの中東、ロンドン、ニューヨーク市場へと順次OPENします。
ニュージーランドやオーストラリアは基本的には取引量が小さいので、実質的には東京、ロンドン、ニューヨークが実質的な大量取引が行われる外国為替市場となります。
ですから、夜更かしや御前様しない方の日本の就寝時間中でも、相場は変動するのです。
そうなるとFXする人にとっては、一睡も出来ないということになります。
例えば、円を売ってユーロを買った場合、ヨーロッパが発信源で大きく値が動くのは、ユーロ圏にとって良いことなら、ロンドン市場がOPENする前後、悪いことならCLOSEする前後というのが政策の常道ですから、日本時間の未明に円高要因が起因することがままあります。
あのギリシャの金融危機なども至って悪い発表はその時間帯が多いんです。
もし寝ているうちに買った通貨が暴落したら大損になってしまいますね。
そうならないためにも各FX証券会社では自動売買あるいはシステムトレードを呼ばれるツールを用意しています。
システムトレードにはソフトウェア任せで売買するものと、あらかじめ投資家が自分の売買したい為替相場を指値しておく方法があります。
ソフトウェア任せは搭載している解析ツールに準じた売買を自動的に行うもので、日足、時足、平均移動線など株式で使われているものと同じ解析をして自動的に売買します。
一方、指値の場合はマニュアルにて、例えば、「自分がこれ以上損したくない価格」と、「ここまで儲けたらいいや」という価格を売値の指値にしたり、「この価格なら買いたい」という価格を買いの指値にしておき、後はその値段に達した際、FXシステムトレードのほうで自動的に自動売買してくれるというものです。

  Copyright ©2009 めざせ不労所得!!FX, All rights reserved.